徒然な毎日よ、ありがとう

変化のない退屈な毎日に感謝し、たくさんのありがとうをみつけるブログです。

PTA活動に参加してみて。改めてママたちとの良好な関係を作る必要性について考える。

今年の春から小学生になった娘。

 

色々なことが、一人でできるようになった娘のおかげで、

息子はまだまだヤンチャ盛りの2歳児で、

大変なことは大変だが、

少しだけ、

心に余裕がでてきたこの頃。

 

そんなある日、

 

入学してまもなくして、

担任の先生から一本の電話が。

 

学級代表が決まらなくて、

お願いできませんでしょうか?

 

という内容。

 

学級代表とは、いわゆる

PTA活動をまとめる、

クラスの代表である。

 

今までなら、色々と理由をつけて断っていたはずだが、

 

その時の私は

様々な断捨離が終了し、

気持ちもスッキリ清々しいときだったので、

 

新しい試練、

新しい経験として

 

やってみようじゃないか!

 

なんて、そんな気持ちだったので、

うっかり、引き受けてしまったのだ。

 

担任の先生も、全面的に協力しますから、

なんとかお願いしますって言ってるし、

全然、なにをどうしていいものか、

全くわからなくても大丈夫ですって、

できますって言うから、

それなら挑戦してみようかなぁって、

そう思ったのだけど。

 

さっそく名簿を渡され、

係の振り分けをしてくださいといわれる。

まったく面識のないお母さんたちに、

電話を一人一人にして、PTA活動の係のお願いをしなければいけない。

ほぉ~。

これは大変だ。

働くママたちが増えている今、

日中に電話したところで、でてくれる人は限られているし、お願いしたところで、仕事をしているママたちは、何度も学校に足を運ばなきゃいけない係は敬遠する。

 

なるほど~これは誰もやりたがらないわけだ。

それでも、運営委員会などに何度か出席していくうちに、PTAの活動はやっぱり必要なものだと理解できるし、それでも働くママが大半を占めるようになった今のご時世には、負担となる活動であることは確実だ。

 

学級代表をお願いされたときに、

担任の先生は、全面的に協力しますっといってくれたのを思い出したが、

PTA活動は

基本、先生たちはノータッチなのだ。

そのことは

実際に活動が始まって、

初めて知ったことだった。

 

では、

困ったとき、

わからないとき、

誰に助けを求めればいいのだろうか。

 

それは、

経験したことがあるママたちだ。

 

上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいて、

一度は、PTA活動の経験があるママ。

 

そこに頼っていくしかないわけなのだが。

 

小学校に、まったく知り合いがいない状態の人は、一年生の学級代表はやるべきではない気がする。

 

私の場合は幸いにも、幼稚園が一緒だったママたちが何人かいたので、

そこから、少しずつ情報を集め、知り合いを増やしていき、繋がりを作っていくことができそうだが。

 

私は、もともと

ママ友は必要ないし、

面倒だなぁ、と考えるほうだった。

 

だけど、ママとして、

幼稚園生活を過ごし、

そして今、小学校生活のスタートをきり始めたところだが、

ママたちとの良好な関係を築くことは

やっぱり必要で、

そこが円滑にいくことで、

過ごしやすさは大きく違ってくる。

 

苦手な人、

無理しなくちゃいけない関係、

そういったものを

うまくかわしながら、

このコミュニティを軽やかに

楽しみながら、過ごしていく術を習得していくつもりだ。

 

自分の悪い癖である、

周りからどうおもわれるか、という

ビクビクした気持ちは、

どうして生まれてくるのか、

そのことについても、

受け身でいることで、そういう気持ちに潰されそうになるから、

攻めの姿勢で。

 

自分と同じように、

ママとの付き合いに、

ドキドキ

ザワザワ

しているママたちはたくさんいるはずだから。

 

だからこそ、

笑顔で

穏やかな雰囲気の

そんなクラスに

学級代表として盛り上げていけたらと、

そんな風に思う。

 

徒然な今日も、

ありがとう。