徒然な毎日よ、ありがとう

変化のない退屈な毎日に感謝し、たくさんのありがとうをみつけるブログです。

大人のお友達付き合いって、とっても難しい。良好なお友達関係を築くにはどうしたらいい?

お友達。

小さな頃からの、地元の友達。

学生の頃の友達。

社会人になってからの友達。

そして、

結婚してから

ママになってからの友達。

 

色んな友達がいるけど、

大人になって、

特に結婚してから

お友達付き合いは、すごく難しいなぁ~と思うようになった。

 

女の人は、ある時を境に、

それぞれの道をいくようになる。

学生の頃は、

同じ学校に通い、

同じように勉強して、

恋をしたり

将来の夢を語ったり。

共通の話題や悩みがいつもあって、

あーでもない

こーでもないと

悩みを打ち明けたり

相談にのったり。

そして、

お互いを必要として仲を深めていくことができる。

 

ところが

結婚してからは

友人たちと足並みをそろえて、同じ環境や同じ悩みなどを共有することは、なかなか難しい。

既婚か未婚か

子どもがいるか、いないか。とか。

 

今までのように、

友人になんでもかんでも悩みを相談しても、

それが自慢話に聞こえてしまったり

逆に傷つけてしまったり。

 

私は、子どもが産まれてすぐに

友人の1人に子ども写真を携帯で送ったことがある。

 

そのときに、友人に言われた言葉。

 

こういう写真はいらない。

 

私は、ショックを受けた。

まだ子どもがいない友人からしたら、

嫌みに思えたのだろう。

 

それからというもの、今までの友人との付き合い方がわからなくなってしまった。

 

それぞれ環境が違ってしまう。

それは仕方のないこと。

そんな中で、どうしたら良好な関係でいられるのだろうか。

 

やっぱり、そこには大人な気遣いがすごく必要になってくる。

 

詮索したり、

余計な口出しはしない。

ただ、互いの話をよく聞いて、

ありのままを受け止める。

自分の価値観をけして押し付けない。

お互いを尊重しあう。

それに尽きる。

 

子どもの頃と同じコミュニケーションの取り方をしていては、もうダメだ。

 

ずっと、ずっと、

大人になるということ=素直じゃなくなる

と解釈していて

どことなく抵抗感があったけど。

 

大人になる=素直に人を認められること

と理解できるようになってからは

 

良好な友達関係を築ける

そんな素敵な大人になりたいと

強く思うようになった。

 

やっぱり、お友達は

大切にしたいなぁ。

 

そんな徒然な今日も、

ありがとう。