徒然な毎日よ、ありがとう

変化のない退屈な毎日に感謝し、たくさんのありがとうをみつけるブログです。

徒然なわたしについて

私は、先日ついにアラフォーに足を踏み入れた。

結婚して九年目。

子どもは、7歳の女の子と2歳の男の子。

結婚してからは、ずっと専業主婦。

小さな頃の将来の夢は、お花屋さん。

そして、今も密かに、夢はある。

それも、一つではない。

カフェを経営してみたいと思う日もあれば、小料理屋さん、パン屋さん、庭師、インテリアデザイナー、フラワーデザイナー、カラーコーディネーターなどなど、とにかくたくさん。

そう、なりたい私が、次々とでてきて、春になると、はじめなきゃ!とバタバタと忙しくなる。

でも、それは、頭の中だけ。

現実は、ありふれた日常。

無職の主婦である。


将来の夢を語った幼稚園の頃から、ついにここまで来てしまった。


同じく専業主婦をしていた人も、どんどん社会復帰を果たしていくなか、

焦ることもある。

家計も決して安泰なわけではない。

国が専業主婦の年金を半額にするなんてことも、囁かれはじめて、

いよいよ専業主婦も追い込まれはじめてるようにおもう。


流れに身を任せていれば、きっと私も近い将来、働き始めるのだろう。



でも、最近思うこと、


この流れに逆らって、専業主婦を貫き通してみるのも、

面白いことかもしれない。

こんな徒然な毎日はとてつもなく幸せで、

貴重なことなのかもしれない。

かみしめてみようじゃないか。

専業主婦を。

こんな徒然な日々を。

これは、そんな普通の主婦の徒然な日常への

感謝と密かな戦いのブログ。

  にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村